パソコン・精密機械は電気が違う!?これらの予備電源(非常用予備電源)に『予備電くんプロ』!

いまや防災グッズとしても人気の家庭用予備電源(非常用予備電源)。計画停電の関係もありかなり注目されています。なおパソコンや精密機器などの予備電源に『予備電くん』をと考えている場合、ちょっと注意が必要みたいです。『予備電くん』ならどんな精密機器にも使えるのかと思ったら、実は違うそうです。ちなみにパソコン(デスクトップPC)には、『予備電くんプロ』という製品を使います。

一般の『予備電くん』は、電気の関係で使えないそうです。なお専門用語を駆使するとこんな感じです。

▼▼▼▼

一般的にインバーターは2種類あり、『予備電くん』で使われている矩形波タイプと、精密機械で使われる正弦波タイプがあります。家電製品の多くは、矩形波タイプです。しかし、一部の機器(デスクトップパソコン、マイコン制御の電化製品、計測器、医療機器など)では、精密な波形を必要とするため使えないそうです。

▲▲▲▲


上記のことから、これらの一部の機器(精密機器)の予備電源には、【予備電くんプロ】という製品が対応しています。これは、正弦波タイプに適合した業務用1000ワットの『予備電くん】で、160Ahの大容量タイプで『予備電くん】シリーズで一番容量があります。これならどの電子機器にも使えるほどの最高スペックだそうです。

ただ、販売価格248,000円と高額なので、個人用というより業務用かもしれませんが・・・



【非常用予備電源のススメの最新記事】
posted by 予備電くん at 15:43 | 非常用予備電源のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seo great banner
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。